この記事の所要時間: 521

こんにちは、キッチンに入ると体が勝手に動いてしまう、たけいさんです。



いざ調理を始めたら、肝心のアレがない!!っていうこと、ありませんか?


そう、片栗粉、パン粉、天ぷら粉。

代用はできるのでしょうか?


方法を間違えると、せっかくの料理が全滅しかねません。



そこで今日は、片栗粉、パン粉、天ぷら粉の代用のしかた、私のリアルな体験談をお教えします。


松阪牛まで使って、どちらがおいしいのかもためしてみました。

片栗粉の代用 それをいうな!!の私の体験談


片栗粉2


これをいっちゃおしまいかもしれません。

でも料理にとろみをつけるためにも、使う機会がまだ少なくても、片栗粉はいつもキッチンにあった方がいいです。

きらさない方がいいですよ。



小麦粉を代用にする方法もあります。


ただ、私は成功したことがありません。

「料理にとろみをつける時、片栗粉は小麦粉のかわりになるけれど、その反対は難しい
と私は教えられてきました。


例えば、コーンスープにとろみをつける時、片栗粉は小麦粉のかわりになります。


洋風でも、しっかり煮ればおいしいコーンスープができますよ。

焦げつきにくいから、カンタンでもあります。


プロの人が見たらどう思うか知りませんが、それが家庭料理ってもんですよ。

立場が違うので。


生活というか、雑務に追われる日々の中、それなりにおいしい料理をつくり続けるのは、たいへんです。


料理に集中するのは難しいんですよ。

片栗粉3

ともかく反対に、八宝菜に小麦粉でとろみをとけようとするのは、やめた方がいいです。


高温で調理するし、だまになりやすくて焦げつきやすい。

へんな臭いがつくと、もうとれないです。


へたすると苦労してつくった料理が全滅してしまいます。



そうなんです。

小麦粉って、とろみはつきますが、焦げつきやすいんですね。


片栗粉より粒子が小さく、たんぱく質をふくんでいるからです。

小麦粉をバターでいためてミルクなどでのばしたものは独特の風味があるし、しっかりとろみがつくとずっとついている、という利点はあります。


けれど料理初心者は、麻婆豆腐、八宝菜、とろみのついたステキな料理を自分のものにするためには、片栗粉は買った方がいいと思います。

上記のものを小麦粉でとろみをつけている人もいるらしいんですが、料理の上手な人ではないでしょうか。

繰り返しますが、私は成功したことがありません。


片栗粉がないと、大変ですよ――。

きらさないようにしましょうね。



片栗粉はスボラ料理でも大活躍!絶対きらさないようにししましょう。
冬に体が温まる料理。何もしたくないあなたへ!安心ズボラ料理2選

パン粉の代用をつくるコツ 料理によってはこの方が


片栗粉4


これはカンタンで、食パンを使えば大丈夫です。


あつめの食パンを凍らせて、凍った状態で、すりおろしてみてください。

凍った状態で、すりおろすのがポイント!!

細かめのパン粉ができます。



ただ、量が多い時は大変なので、そういう時は、やっぱり忘れずにパン粉を買っておきましょうね。

でも、ハンバーグなどをつくる時は、材料に「パン粉」とあっても、これを使うか、ふやかすなりしたパンを使った方がおいしいです。

あまった食パンを使いきる裏ワザにも使えます。

天ぷら粉の代用 松阪牛まで揚げてためしてみた!!


片栗粉5


うちでは天ぷら粉がない時、小麦粉というか薄力粉、卵、水、あと片栗粉でつくります。

私は揚げものが苦手なので、いつもはどっちでも適当につくってもらって、おいしいんですけれど、母が言うんですね。

「自分でなんか、めったにつくらないわよお。天ぷら粉の方がカンタンだもの。冷蔵庫にしまってあるのをといて、揚げるだけよ」


そこで今回、うちでつくった天ぷらと、天ぷら粉を使ったものとどちらがおいしいのか、比べてみました。

天ぷらの具材の1つは、なんと松阪牛。

片栗粉6

昨日、しゃぶしゃぶだったので。その残りを使いました。

いつもは適当だったのですけれど、天ぷら粉を使わない、うちの天ぷらの衣は、レシピにするとこんな感じ。

「天ぷら粉を使わない、たけいさんのうちの天ぷらの衣

材料(3~4人分)

片栗粉 大さじ1
薄力粉 大さじ4
冷水 55ml
卵 1個

これで松阪牛、しゃぶしゃぶ用の残り、いんげん、鶏のささみを天ぷらにして比べてみました。

片栗粉7

すると以下のような結果が。



・松阪牛 

天ぷら粉を使った方が、カラッとしておいしい。衣が薄めにできる。

うちの衣だと、ちょっともったりしているが、肉がよりジューシーにしあがるといえなくもない。

けれど、脂(あぶら)が多い具材なので、ちょっとくどい感じ。



・いんげん

天ぷら粉を使った方が、やっぱりカラッとしている。衣が薄めにできる。

もっとも、この具材に関しては、うちの衣の方が、卵がかっているせいか、リッチで、これはこれでおいしい。



・鶏のささみ

天ぷら粉を使った方が、カラッとしておいしい。衣が薄めにできる。

鶏のささみだから牛よりもさっぱりしていると思ったけれど、うちの衣だと、比べてみると、やはり天ぷら粉の方がおいしかったです。



要するに、それなりのお料理上手でも、素人が揚げるぶんには、天ぷら粉を、さっととく方が、私達がためしたどんな具材でも、味が安定していて、おいしかったんです。


私は長い間、うちの天ぷらの衣の代用が天ぷら粉の衣だと思っていたんですが、反対だったんですね。



皆さん、片栗粉は代用はなずべくせず、きらさずに


あと、代用するよりも天ぷら粉の方が、きっとおいしいですよ。



天ぷらを上手にあげるコツの一つは、天ぷら粉を使うこと。
それ以外のコツは、こちらの記事でつかんでください。
天ぷらを焦がさないコツ