この記事の所要時間: 1112



人情にあふれる島、台湾。


親日家の方々が多いのも、ありがたいことです。


食べ歩きや買いものが楽しみ、「足つぼ」にも癒されたい……。


「でも、本当にたくさんのお店があって、どこに行けばいいのかまったくわからない!」

「台湾まで来たんだから、はずしたくないのに……」
と思っていませんか?




そこで、「難しい足」のせいもあり、足つぼにはうるさい私が、実はマッサ
ージの国家資格を持つ!!母と2人で、台湾の足つぼで人気だというお店
に、実際に行ってみました。



ちなみに、占いで有名な、あの場所のすぐそばなんです。

台湾に行く女子、女性、必見です!!

足つぼの上手な人は、私にとってはほぼ「神」


皆さんこんにちは、たけいさんです。女性です。


私、扁平足(へんぺいそく)なんですよ。

土踏まずがほとんどなくて、足の裏が平たい足なんですね。



こういう足の人は疲れやすいそうで、実際、むくんだ時とか、もの凄く辛いです。



なんだか分からない、悪い何かでふくれたみたいになって、

「誰か、私の足の裏にひそんだ、この悪いモノを、もみつぶして――!!」
って思いますよ。



だから足つぼに対しては、とっても真剣。



上手な人は、私にとって、ほぼ神ですね。




ただ、雑誌に掲載されているお店などでも、情報が古かったりすると、せっかく行ってもあまり……という思いをすることもあるじゃないですか。



そこで今回、数々の雑誌、本などで紹介されている、このお店に行ってみました。



台湾、台北市にある「活泉」です。

%e5%8f%b0%e6%b9%be%ef%bc%92
出典http://www.lifeenergy.tw/page129


公式サイトはこちら。日本語版もありますよ。http://www.lifeenergy.tw/


私はこの本で紹介されていたのを見て行きました。

台湾 女ひとり旅 単行本 – 2013/4/26


ここは2店舗(2016年4月1日現在)ありますが、私が行ったのはこの本にも出ている、上記の写真のお店です。



ちなみにこのお店、公式サイトの地図にも載っていますけれど、あの、「行天宮」のそばにあるんですね。




「行天宮」というのは、台湾の有名なお寺ですが、お寺の地下街にある占い横町もよく知られています。



また、その周辺には、人気占い師さん達のお店があります。


日本語を話してくださる、通訳をたててくださる占い師さんも多いです。




日本人に人気のスポットです。特に女性でしょうね。



私が過去に2回行った時には、いずれも日本人女子、女性を発見しました。

日本から通う人もいるとか。


私が行ったのは、2016年の3月で個人旅行でしたが、行天宮にお参りのあと占いをしてもらう日に、行きたかったこのお店に予約。


さあ、どうでしょうか?

台湾、足つぼ人気店。実際に行ってみた!


%e5%8f%b0%e6%b9%be%ef%bc%93


あっ、見えてきました!!



これには写っていないんですけれど、私達の行った時には、店の外に、私の読んだ本や、有名ガイドブックを含む、さまざまな、掲載例のコピーが出してあったんです。


やっぱり、取材も多いんですね。

日本語の記事がいっぱい。



ただ、気になることが。


これは主にレストランの話なんですけど、海外の観光地で、日本語でそういう、記事の掲載例を出しているお店というのは、記事が新しくないならなおさら、あまりおいしくないというか、よくない場合が多いと思いませんか。

私、ニューヨークでいっぺん、ひどいめにあった!!

掲載されているお店に行ったら、横柄に、

『日本人か、○階だよ』

と言われて、席も味もよくなかったし、証拠はなかったんですが、どうも、少しぼられたっぽかったです。




とにかく、ここはどうでしょうか?


「イラッシャイマセ――」


あっ、笑顔のステキな、台湾人女性が迎えてくれました!



外から見たままの、明るくて清潔なお店です。


たまたま、あきがあったので、足つぼだけでなく、全身をくみわせたコースに。




ここのパンフレットのままを書くと、足つぼというか、「足裏マッサージ」40分に全身指圧マッサージ60分のくみあわせなら、1550元のところが1390元になるとのこと。

ちなみに2016年4月1日現在のレートで、1元は約3.48円。



1時間半以上で、足つぼも全身指圧マッサージもやってもらって、だいたい、4837円くらい!?

あくまで一例ですが、お値打ちじゃないですか!!




着がえし、足湯のスペースに行くと、そこに細身の男性が。



実はここのオーナー、CEOの林(はやし)さんという日本人男性でした。

これもたまたまだったんですが、本にも載っている、ご本人がいらっしゃったんですよ。


林さんは気さくな感じの方で、来店のきっかけを述べた私達と少しお話しをしてくださり、もちろん他のお客様への気配りも忘れない姿が印象的でした。




実は私、この時、台湾に来る前の忙しさというか、睡眠不足と移動の連続で、楽しかったんですけれど、かなり疲れた状態でした。

着いた日なんて、おそろしい顔をしていました。


それでも台湾に来たら、顔のむくみは少しとれたんですけれど、早めに寝ても、なぜかまた数時間で目が覚めてしまいます。


それが観光になると、楽しさのあまり、忘れてしまうんですよね……。



でも、ここでゆっくり座ってみたら、足に靴下のあとがついて、むくんでいるというか、ぱんぱんに、はれた状態でした。


こりゃひどい、リンパの流れが特に、ということを言われたと思います。



それで足つぼから始まったマッサージなんですが、母には日本語を流ちょうに話す方がつきました。


私を施術してくださった方はそうでなかったので、中国語がカタコトの私は、最初、ちょっと緊張しました。




それと私、実は、身体的にはですけれど、この時、ボロボロのガチガチだったと思うんです。
あと、強めが好きなんですね。


母の担当の方などを通じて、ひとこと、そう伝えると、もとから、凄く真剣な眼差しで施術してくれていたその方が、ますます真剣になり、でも冷静に、集中して施術してくださったのが、また、印象的でした。


そうしたら、どうなったと思いますか?

%e5%8f%b0%e6%b9%be%ef%bc%94

そうしたら、どうなったと思いますか?




しばらくすると、私の足が、ちゃんと、マッサージの気持ちよさや、イタ気持ちよさを感じとるようになったんです!


それまで、痛みも感じなかったのが、今はちゃんと分かる。



自分が強めに、と言ったのに、足の親指の先の、とある所をギュッとやられると、そこはちょっと痛かったんです。





そこは頭のつぼ。
デスクワークや頭を使う人が反応するものだとか。


でもやっぱり、イタ気持ちよさを感じました。


ただ、これは私があとから調べたことですが、だからといって、そのあたりを私がおせば同じ効果が得られるわけではないらしいです。極端な話、やりすぎるといけない、または危険なつぼというのはあるそうです。





とにかく、「足つぼ」の効果なんて何もない、という意見もあるようですが、それは違うと思います。

台湾・足つぼ人気店に行ったら、こんな効果が!!



ここだけでも、こんなことがありました。



足つぼの施術をうけていると、これはいいなと思ったので、

「あとからで悪いんですけれど、追加料金を払いますので、全身の施術を、より私にむく施術にかえていただくことはできますか」

と訊いてみたところ、悪いけどそれはちょっと、今、あきがないし、その人の足の裏をさわった人間に全身をやってもらった方がいい場合もあるから、ということでした。




足つぼの施術は1階でやっていたんですけれど、2階で全身指圧マッサージをうけてみて、びっくり!!



そこは簡単ですけれどカーテンのしきりがあるので、母やその担当の方とは話がしにくくなったんですよ。


それでそのまま、うつぶせに寝ていたら、私の担当の方が、私の背中の左側をマッサージしてくれました。


気持ちいいのでそのまま、ほとんどウトウトとしていましたが、そのうちに気がつきました。

『あれっ、どうして私が一番、つらい、だるいところを知ってるの?』
ということに。



だって、言葉が通じていないはずなんですよ。



忘れているなら読み直せば分かりますが、40分以上、施術をしてもらっている立場でも、私とこの方は、直接には、ほとんど言葉が通じていないんですよ。


それが今は、まず私の背中の左側、つまり一番、つらい、だるいところから軽くマッサージして、そのだるさになる原因の場所を含めた、全身をまんべんなくほぐしてくれます。


そのほぐし方が、隣で施術してもらっている、私のお母さんのマッサージの仕方にどこか似ていました。



皆さん、ご存じですか?





たとえば背中がだるくても、そこをマッサージするだけではいけない場合があるんですね。



「どこかが特別にだるい、疲れている」
というのは、
「どこかがゆがんでいて、そこに余分な力がかかっている」
だとか、他に原因がある場合が多いんです。




そこも、ほぐしてあげてバランスをとらなければ、また同じことが起こるので、これだけの時間があるなら、全身をマッサージして、ととのえてあげるのが良心的だといえましょう。


→疲れやすい方にはこんな方法もおすすめですよ!!


そして、たしか、あごのマッサージまでしてもらったら、驚きました。

そこでマッサージしてもらいながらウトウトしたせいもあるのか、眠けが覚めました。



それと、これはそのあとの話になるんですが、その晩、久しぶりによく眠れたんですよ。


私、不眠症だったんですね。




それと最初、刺激を感じにくいくらい、ガチガチにこっていたんです。


母も、終わったあと、
「あ――よく効いた!ありがとうございます」
との声が。

そのことを1階にいらっしゃった林さんにお知らせしたところ、やはり嬉しそう。



それと、それだけではなかったんですよ。



帰国後の私はジム通いを再開し、不眠症も軽減しました。


その前はだるくて、ジムにも行けなかったんです。
そんな時間があれば横になりました。でもよく眠れなかったんですよ。




不眠症はまだ完全には治っていませんが、
「今の自分はおかしい」
と自覚するだけで、大きく違うんです。


反対に、そうしないと、その場の「コリ」をほぐしてあげても、多分、同じことを繰り返すでしょう。



体力でもなんでも、悪い方に転がりだすと、自分では、その時は、分からないことがあります。

誰かがもとに戻してあげることが、必要な場合もあるんです。

それこそ、治療ですね。



誰かが、はためから見て分かっても分からなくても、自分の力では戻れないところにいる時に、誰かがもとに戻してあげて、
「じゃあ、あとは頑張りなさい」
ということです。


その時はそこまで分からなかったんですが、この店に来て本当によかった


その時はそこまで分からず、
「台湾はやっぱりいいところですね――」
と言うだけでした。


あたたかく見送られたあと、私達は、ホテルまでの道を歩いたんです。

どれくらいかかったのか、憶えていません。
でもそのおかげで、いろいろなものや人を見られました。





私は旅に出る時、どんなに近い場所でも、ひとに出会えばなおさら、
「この場所にはもう二度と来られないかも」
という、切ない思いでいます。

それがそのままになることが多いです。いろんな意味で。


それがこの帰り道では、
「あっ、ここは、○○さんという占い師の店があるところでは?」
と、気がつくんですね。



その晩はおおいに日本食を食べて、地元のシェフさんと握手してもらったりしました。


飛行機で約3時間といっても、その間にはカベもあるはずなのに、またお邪魔しちゃいそうです。




いずれにせよ皆さん、「活泉」はおすすめです!!





※この記事の情報はすべて、2016年4月1日現在のものです。林さんはいつもいらっしゃるわけではありません。価格を含めたすべてのサービスは、予告なく変更になる場合があります。