この記事の所要時間: 1211



こんにちは、普段は洋楽ばかりを聞いているマイヤです。




学生時代にテレビ無し生活を送っていた際に、いつも聞いていたのはインターネットラジオでした。



当時はあまりラジオ局の種類もなく、24時間ノンストップで音楽が流れているのは洋楽のラジオ局だけ。


それがきっかけで、普段から洋楽ヒットチャートを聞くようになり、今もその習慣が離れないでいます。



9年程そのような生活をしていますが、比較的新しい洋楽の中から恋の歌をピックアップしてみました。




日本の文化的なものから、遠回しな表現が邦楽にもかなり表れているように私個人は思いますが、洋楽は結構ストレートにズバッと恋を表現することが多く、とても分かりやすいです(笑)



恋愛が始まったばかりの曲、結婚式にも使える曲、何だかちょっと切なくなってしまう曲、色々なシーンの恋の歌を色々なアーティストから集めてみたので、きっと今の自分に合うシチュエーションの曲や、お気に入りの曲が見つかると思います!




1. One Direction “No control”




One Directionには日本でも有名な曲が沢山ありますが、あえて日本ではそこまで有名ではない曲を紹介させてください。



タイトルは「No control」



こちらは「君が好きでもうコントロールできないよ!」というような曲です。




もうまさに夢中という言葉がぴったりな曲で、初めて聞いた時にウキウキしました!


こんなことを言われたら、世の女の子は嬉し過ぎますよね!




ちなみにOne Directionの「Magic」も私は大好きです。


「Magic」は「君がすることは全て魔法のようだ」というような曲で、結婚式でもよく使われます。
(私の友人の結婚式でも使われていました)



こちらは残念ながら公式動画がなかったので、動画をここに掲載することはできませんが、是非、聞いてみてくださいね!



2. Zara Larsson & MNEK “Never Forget You”




別れた後も「あなたを忘れない」そう歌っているのがZara Larsson & MNEKの「Never Forget You」です。



この曲は曲調が強いというのもありますが、何か決意のようなものを感じるような曲です。


どんなことがあったとしても、決して忘れられない恋、そういう恋を経験した方も少なくないのではないでしょうか。


そういう方はこの曲に共感できるかもしれないです。



3. Maroon5 “Sugar”




日本でもかなり有名ですが、結婚式に突然現れてライブをするPVで話題となったMaroon5の「Sugar」。


この曲は「君の愛が必要だよ」と歌っている曲で、とっても甘いラブソング。


この結婚式の皆の笑顔が最高ですよね!


何度もこのPVを見てしまいました!


4. OneRepublic “Feel again”




OneRepublicの曲にしてはちょっと異色なこの「Feel again」。



実はこの一曲から私はOneRepublicに注目するようになりました。



この曲は「君に出会って忘れていた感情がよみがえってきた」と歌っているものです。



この曲がリリースされた当時、私もちょうどそんな感じの状況で、思わず自分と重ねてしまいました(笑)


5. Andy Grammer “Honey, I’m Good.”




「まだ飲めるけど、家で待っている子がいるから」と歌っているAndy Grammerの「Honey, I’m Good.」。



このリズムが気に入って一発でこの曲を好きになりました!



しかもPVを見たら、様々なカップルが幸せそうに登場していて、思わず笑顔に。



結局、帰ってきてくれる、これが一番大事なんじゃないかなと思います。


6. WALK THE MOON “Shut Up and Dance”




「Honey, I’m Good.」と同時期に好きになったのが、WALK THE MOONの「Shut Up and Dance」です。



以前、夏歌での洋楽集の時にもご紹介しましたが、とにかくノリノリなのが良いんです!


◎他にも、夏を盛り上げる洋楽集を紹介しています!
⇒夏を盛り上げる歌(洋楽)を集めてみた。私はコレで気分を上げてます♪



「黙って私と踊って」という曲名ですが、その言葉を発した女性が運命の人だと確信する歌です。



運命の人を見つけて、踊り出したくなるような気持ちが歌に表れているように感じます。



7. Life of Dillon “Overload”




先ほど紹介した1Dの「No control」と同じで、「とにかく好きという気持ちが止まらない」と歌っているのがLife of Dillonの「overload」。



全体的な内容としては言っていることは同じですが、曲調が全然違います。



こちらの曲は思わず浜辺やドライブの時に聞きたくなるような爽やかな曲。



曲調は爽やかですが、内容は熱烈です(笑)


8. Jason Derulo “Trumpets”




「君を見るとトランペットが鳴り響く」と、まさに恋の高鳴りを歌っているのがJason Deruloの「Trumpets」。



マンガなんかでもありますが、好きな人を見かけた瞬間に頭に「パンパカパーン」と鳴り響く、あの感じなのか…はわかりませんが(笑)



でもすごく好きな人を見る度に、明るい音楽が流れるのはすごく共感できませんか?



9. OMI “Cheerleader(Felix Jaehn Remix)”




好きな人がそばにいてくれると、それだけで元気になれたり、頑張れたりしませんか?



「僕のチアリーダーを見つけた」(僕を応援してくれる子を見つけた)という内容のOMIの「Cheerleader(Felix Jaehn Remix)」。



「君(チアリーダー)がいないと僕は空っぽさ」というようなことも言っていて、とにかく彼女に恋をしているのがわかりますね!



リミックスされて、すごく夏にぴったりな感じの曲になっていますが、それがまた私は好きです。




10.  Afrojack “Summer Thing! Ft. Mike Taylor”




ひと夏の恋を歌っているのがAfrojackの「Summer Thing! Ft. Mike Taylor」。



PVもノリノリですし、先ほどのOMIの曲同様、夏にぴったりなのですが、内容はちょっと甘酸っぱい感じ。



結局はひと夏の恋だったという曲なんです。



「ひと夏の恋」なんて日本人だけの感覚かと思いきや、こうして洋楽の歌詞になるくらいなので、きっと通じるものがあるのだと思います。



11.  Carly Rae Jepson “Call Me Maybe”




日本でも大ヒットしたCarly Rae Jepsonの「Call Me Maybe」。



女の子が恋をした相手に自分の電話番号渡して「電話してね」という歌ですが、聞いているだけでウキウキしてきます。



一概には言えないかもしれないですが、本気で恋をした時、女性は大胆になり、男性は臆病になるそうですよ(笑)



彼女の「I Really Like You」も恋した女の子がストレートに自分の気持ちを表現している曲です。



12.  Avril Lavigne “Girlfriend”




このアルバムからキャッチーな感じの曲調に大きく変わりましたが、これはこれで私は好きです。



Avril Lavineの「Girlfriend」は「あなたの彼女は嫌い、私がふさわしいわ」と歌っている曲。



恋する相手に必ずしも相手がいないとは限りません。



ここまでストレートに表現できる人はなかなかいないとは思いますが、言わずとも心の内で思っている人もいるのではないですか?



私は彼女のロックな感じが出ている「Sk8er Boi」や「He Wasn’t」もかなり好きです。






13.  Taylor Swift “You Belong With Me”




日本でも大人気のTaylor Swift。



彼女の「You Belong With Me」は曲調は静かですが、「あなたにふさわしいのは私」と先ほどのAvril同様結構強気な歌です。



このPVは見ていて何だかキュンとします。



家が隣同士なんて「よくある幼馴染の恋」の展開で、「良いな~」と素直に思います。



ちなみに私の家は隣が同い年の男の子でしたが、恋愛的な発展は一切なく、むしろあまり話した記憶さえないです(笑)



そんな彼は今度結婚します。



小学生の頃は「家が隣同士だから」という理由で「ラブラブ~」と冷やかされたこともありましたが、今では良い思い出です。


14.  Ed Sheeran “Thinking Out Loud”




「毎日君に恋してる」と高鳴る恋心を素直に歌ったEd Sheeranの「Thinking Out Loud」。



曲調はゆるやかですが、歌詞の恋心は決して生ぬるいものではなく、とてもあつ~く歌っています。



結婚式でも使われるような曲です。



日本でもテレビ番組で使用されてとても有名になっていました。



15.  Ellie Goulding “Love Me Like You Do”




曲名もそうですが歌詞でも何回も「好きなように私を愛して」と歌っているのが、Ellie Gouldingの「Love Me Like You Do」。



一度聞くとその歌声や歌詞が頭からなかなか離れないこの曲。



恋の歌でおすすめの洋楽まとめ


%e6%81%8b%e3%81%ae%e6%ad%8c002



1. One Direction “No control”
2. Zara Larsson & MNEK “Never Forget You”
3. Maroon5 “Sugar”
4. OneRepublic “Feel again”
5. Andy Grammer “Honey, I’m Good.”
6. WALK THE MOON “Shut Up and Dance”
7. Life of Dillon “Overload”
8. Jason Derulo “Trumpets”
9. OMI “Cheerleader(Felix Jaehn Remix)”
10. Afrojack “Summer Thing! Ft. Mike Taylor”
11. Carly Rae Jepson “Call Me Maybe”
12. Avril Lavigne “Girlfriend”
13. Taylor Swift “You Belong With Me”
14. Ed Sheeran “Thinking Out Loud”
15. Ellie Goulding “Love Me Like You Do”





皆さんの気に入った曲はありましたか?




本当はまだまだご紹介したい曲は沢山あるのですが、今回はここまでとします。




残りはまた別の機会にご紹介できればと思っています。




ちなみに、洋楽でもよく登場しますが、アメリカのドラマや映画でも恋人のことをBabyなどの愛称で呼ぶことがありますよね。



私も初めて呼ばれた時(Loveと呼ばれたのですが)は「これが英語のアレか!」と何だか新鮮でしたが、日本における恋人同士での愛称は名前から派生したものがほとんどですし、なかなか彼に対して使うことができませんでした。




ある時、初めて彼に使ってみると、彼がすごく喜んでいたのを覚えています。




今回ご紹介した洋楽でさりげなく使い慣れて、実際の会話でさりげなく使ってみるのも良いかもしれないですよ。

Sponsored Links