この記事の所要時間: 810

20161110-honnojihotel11
(C)2017「本能寺ホテル」製作委員会


2011年公開の映画「プリンセストヨトミ」の製作・キャストチームが再結集して作成した、
『本能寺ホテル』が、2017年1月14日(土)から公開されます。

主人公が京都の本能寺ホテルへ宿泊することになり、ひょんなことから本能寺の変の前日にタイムスリップ指定しまう歴史エンターテーメント映画です。

主人公と織田信長の奇想天外なやりとりも期待できる『本能寺ホテル』をご紹介します!

『本能寺ホテル』ストーリーについて

ss-223
出典:https://www.toho.co.jp/movie/lineup/honnoji-hotel.html


主人公の倉本繭子(綾瀬はるか)は、彼氏の吉岡恭一(平山浩行)からプロポーズされます。

20161110-honnojihotel09
(C)2017「本能寺ホテル」製作委員会


会社の倒産であての無い生活を送っていた繭子。
渡りに船の状況で、周囲からも薦められ、雰囲気にながされるまま婚約します。

そんな中、吉岡恭一の両親の金婚式の祝賀パーティに出席するため、京都へ行きます。
しかし当初、予定していたホテルへは予約ミスで宿泊できず、路地裏の”本能寺ホテル”へ泊まることに。

20161110-honnojihotel10
(C)2017「本能寺ホテル」製作委員会

このホテルで不思議な世界へと迷いこむことになるのです。

繭子がエレベーターに乗ると、そこは1582年に起こった本能寺の変の前日。
400年ものタイムスリップをしてしまいます。

そこで、繭子は織田信長(堤真一)に出会います。
20161110-honnojihotel03
(C)2017「本能寺ホテル」製作委員会

本能寺ホテルと1582年の本能寺を行き来し、織田信長や森蘭丸(濱田岳)などと交流を深め、信長の魅力に惹かれていきます。

20161110-honnojihotel
(C)2017「本能寺ホテル」製作委員会


繭子が本能寺の変前日にタイムスリップしていることに気づいたとき、さらなる展開が起こります。
この続きは映画を見てのお楽しみですね。

『プリンセス・トヨトミ』の製作・出演チームの新作


ss-224
出典:http://natalie.mu/eiga/gallery/show/news_id/203248/image_id/650604

 2011年に公開された『プリンセス・トヨトミ』は興行収入16.2億円と人気を博しました。



この映画の製作・出演チームが完全オリジナルストーリーとして手掛けたのが『本能寺ホテル』です。

前作で、会計検査院に勤務する鳥居忠子を演じたのは、綾瀬はるかさん。
本作では、倉本繭子を演じます。

現代人として400年前にタイムスリップして織田信長に出会い、本能寺の変が起こる運命を彼に伝えます。彼女の登場によって、本能寺の変はどうなるのか?見どころですね。

ss-306
(C)2017「本能寺ホテル」製作委員会

綾瀬はるかさんは「これまで何度かご一緒した堤さんや鈴木監督をはじめ、皆さんと作品をつくれるということでとても楽しい夏になりそうです。キャスト・スタッフみんなで、笑って頂ける作品をお届けできるように頑張ります」とコメントを寄せました。

今回の『本能寺ホテル』も大ヒットの予感がしますね。

興味のわいた方は特報の動画をどうぞ。

https://youtu.be/51Be7dixPsM

こちらは予告編。少し長いです。


『本能寺ホテル』は豪華キャストが集結

 主人公を演じる綾瀬はるかさんを筆頭に、出演者には豪華キャストが名を連ねています。

織田信長役に初挑戦するのは堤真一さん。「誰もが知る歴史の謎に迫るミステリー映画を、この最高のスタッフとキャストで盛り上げていきたいと思います」「今回私は信長役に初挑戦。プレッシャーも感じますが、今までにない新しい信長を作っていきたいと思います」とコメント。
ss-310
(C)2017「本能寺ホテル」製作委員会

本能寺の変前日、天下統一を目前に控えていた織田信長でしたが、突如400年後の未来から現れた倉本繭子から自らの運命を告げられます。本来であれば本能寺の変で命を落としますが、今回は…!?


濱田岳さんは織田信長に仕える小姓、森蘭丸役です。

20161110-honnojihotel06
(C)2017「本能寺ホテル」製作委員会


森蘭丸役が濱田岳さんとは意外ですが、これまでとは違い新たな森蘭丸像が見られそうです。
ご本人も、「『蘭丸、お前かよ。』とガッカリからスタートしているはずなので、後は上がるだけだと思っております」とコメント。

その他、繭子を「ようこそ、本能寺ホテルへ」と導く支配人役に風間杜夫さん、
繭子の婚約者吉岡役は平山浩行さんが務めます。

ほかには、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣さんらが出演します。

『本能寺ホテル』監督の鈴木雅之さんについて

『本能寺ホテル』のメガホンをとるのは、鈴木雅之監督。

監督として、様々なヒット作を世に送り出しています。

最近では、
2004年公開のNIN×NIN忍者ハットリくん THE MOVIEや


2007年のHEROなどを手掛けています。


映画以外にも、テレビドラマの監督・演出家として29歳のクリスマスや世界で一番パパが好き、ショムニ、HEROなどに関わってきました。

『本能寺ホテル』気になるロケ地は?

 2016年7月上旬にクランクインしましたが、ロケは京都や姫路を中心に行われました。

京都は、観光名所として有名で、「銀魂」など様々な作品の撮影でおなじみの

京都のロケ地1.東映太秦映画村

ss-311
出典:「東映太秦映画村」http://www.toei-eigamura.com/

京都のロケ地2.南禅寺

20160403222455c81e728d9d4c2f636f067f89cc14862c
出典:南禅寺

京都のロケ地3.神護寺

480-kondou

京都のロケ地4.金平糖の老舗、緑寿庵清水

ss-313
出典:「緑寿庵清水」http://www.konpeito.co.jp/

映画のキーワードとなる、金平糖に関しての場面で登場するロケ地でしょうね。

ほか、デートスポットの鴨川・三条大橋付近や、妙心寺などで撮影されました。


姫路でのロケは、

姫路のロケ地1.書写山圓教寺

08-01-05
ロケ地としても有名なお寺です。

姫路のロケ地2.亀山本徳寺

h97
出典:姫路市

主人公が織田信長に出会うシーンにて登場。行ったことのある方はここだ!とわかると面白いですね。

姫路のロケ地3.木質化で綺麗になった姫路駅

photo0000-1713
地元の方にとってはおなじみの風景でしょう。地元の駅が映画に登場するなんて、ちょっと羨ましいです。


各地で、エキストラも募集されたそうです。

非常に暑い夏だったので、出演者はもちろんのこと、参加されたエキストラの方々も大変だったでしょうね。

映画『本能寺ホテル』前売り券は10月15日発売

ss-305

本能寺の変の前日に、タイムスリップをした主人公と織田信長などの歴史上の人物が繰り広げる歴史エンターテイメント映画、『本能寺ホテル』。

日本史ミステリーとして知られる本能寺の変。
織田信長の遺体消失の謎や、
なぜ、天下統一目前の織田の信長が明智光秀に謀反を起こされたのか?の謎がどのように描かれるのか気になります。
また、もし現代人が織田信長の運命を伝えていたら?という視点でもミステリーに迫るようです。

金平糖や胃腸薬というアイテムも登場するようですが、何に関連するのか?謎に包まれています。

1月14日(土)の公開まで待ち遠しいですね。

是非観たいという方には前売鑑賞券がおすすめです。
前売鑑賞券は11月5日(土)より発売、価格は一般1,400円。

全国の上映映画館で購入可能です。

『本能寺ホテル』のスタッフ

監督 鈴木雅之
脚本 相沢友子
プロデューサー 土屋健
音楽 佐藤直紀
製作 フジテレビジョン
配給 東宝

『プリンセス・トヨトミ』のスタッフが再集結!期待大ですね。
脚本の相沢友子氏のコメントを以下、引用します。

「プリンセス トヨトミ」のチームが再結集するということで、綾瀬はるかさん、堤真一さんにも出演に快諾を頂き、ストーリーを作りあげました。綾瀬さんに当て書きとも言えるチャーミングな現代の女の子が、堤さん演じる織田信長に会い…何が起こるか、今からワクワクします。

堤さん演じる織田信長は今まで見たこともないぐらい素敵な信長になると思います。是非ご期待ください。


『本能寺ホテル』映画まとめ

1、『本能寺ホテル』は、日本史ミステリーとして名高い本能寺の変の前日に主人公がタイムスリップするという奇想天外なストーリー。

2、主役は綾瀬はるかさんで、織田信長訳には、堤真一さんと二人の共演というだけで興味をそそりますね。

3、ロケ地には京都を中心に風光明媚な観光地が勢ぞろいしており、映画を観た後、訪ねてみたくなるかもしれません。

4、『本能寺ホテル』公開は、2017年1月14日(土)。

歴史好きにも堪らない映画であること間違いなしですよ。

Sponsored Links