この記事の所要時間: 514

%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99001

チーズってやっぱり乳製品だから牛乳アレルギーの人は食べられないのかな?

私も乳製品だから牛乳アレルギーの人は絶対食べられないと思い込んでいたのですが。

どうやら、食べられる人も居るようなんです!

思い込みって怖いですね…^^;

今回は、牛乳アレルギーチーズのお話しを紹介したいと思います。

 ちなみに、どんな時にどんな症状が出るのが、牛乳アレルギーなのかは、こちらの記事を参考にしてみてください。
 ⇒牛乳アレルギーっ子のママさん!こんな症状出ていませんか!?

自己判断で食べてはダメ!牛乳アレルギーでも人それぞれです。


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99002

チーズって何から出来ているのか知っていますか?

チーズの原材料は、牛乳やヤギなどのお乳などの乳成分なのですが、チーズは牛乳などを発酵させて出来た食品です。

発酵して作られたチーズは、発酵されたことにより、アレルギーを起こす可能性がだいぶ低くなります。

ですので、牛乳アレルギーレベルが高くない方ならアレルギー症状が出ずに、チーズを食べることが出来る場合もあります。

しかし、発酵させたとはいえ、ごく微量の牛乳アレルゲンが残っていますので、食べない方が良いと思います…^^;

知らなきゃ損!牛乳アレルギー用のチーズが販売されています


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99003

私もびっくりしたんですが、牛乳アレルギー用のチーズが販売されているそうなので少しご紹介します!

*Sheese(シーズ)モッツァレラタイプ*

加熱しても溶けないタイプですので、プロセスチーズの代替として使用できます。

溶けないのでキャラ弁に使えますよね!

息子の幼稚園のお弁当をたま~にキャラ弁にするのですが、チーズのかわりにいつも、卵白をうす~く焼いて作っていて結構失敗したり朝からイライラすることがあったので、このチーズは嬉しい!是非使ってみたい1品♪

*teese(ティーズ)*

加熱すると溶けるタイプですので、ピザやトーストやグラタン、チーズフォンデュなどの料理に使用できます。

ちょっと濃いめのお味とのことですので、使用するときは少量から使ってみてください。

どちらも大豆で作られており、乳成分は一切入っていませんし、ノンコレステロール・低カロリーなのも嬉しいですよね!

料理の用途にあわせて使い分けることができるのも嬉しいですよね♪

作り方は超簡単!ずぼらな私が豆乳でチーズを作ってみた!


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99004

牛乳アレルギーでもチーズは食べてみたいですよね!?

牛乳アレルギーの人でも安心して食べることが出来る豆乳で作った「豆乳チーズ」というものを自分で作る事が出来るので、紹介したいと思います!

*材料*

・豆乳 500ml
・レモン汁 大匙2

*作り方(200g分)*

1.豆乳を鍋に入れ火にかけて、膜がはらないようにゆっくり混ぜます。
2.沸騰直前に火からおろし、ゆっくり混ぜながらレモン汁をまわし入れます。
3.だんだん豆乳が固まってきます。15分ほど放置します。
4.粗熱が取れたら、ボウル、ザルの上にキッチンペーパーやガーゼなどを置き、豆乳を注ぎこします。
5.冷蔵庫に入れ水切りをします。3時間から半日くらいで出来上がり!

これ簡単に出来るので、実際私も作ってみました!


失敗するのが怖かったので、まずは半分の量の豆乳200ml、レモン汁大匙1弱で。

上の写真が私が作ったチーズなのですが、見た目は…チーズとは言えないかな…^^;

味も最初はチーズではなく、豆腐!まさに豆腐!!

その後レモンの味がしてきて、「あ~爽やかな風味で夏にいいかもー♪」なんて思ってたら最後に「ん!?チーズっぽいじゃん!!」って感じで、3回味が楽しめます!!笑


最後はチーズっぽくなってる感じがしたかなー♪

私は4時間半冷蔵庫で寝かして食べてみました。


因みに、牛乳アレルギーの息子に試しにひとくちあげたら…「うぇぇぇぇ…」とお口に合わなかったようで…汗

無理もない、チーズみたいなものは食べたことないからわからないだろうw

これの材料+お塩を少し入れてみてもいいかもー♪と個人的に思いました。


豆乳は封を開けてから2~3日で飲みきるようにパッケージに書いてありますが、大きいものですと飲みきらなかったりしますので、そういう時についでに作っちゃえ~♪みたいな感じにすると無駄なく使いきることができるのは嬉しいことです。


豆乳チーズを自分で作ることが出来れば、今まで食べることが出来なかったチーズケーキなどのスイーツなども自分で作って食べることもできますよね!

今回作った豆乳チーズでチーズケーキ作ってみようかな♪今度は息子に「うぇぇぇぇ…」って言われないように頑張って作ってみます!笑


わかりやすい「豆乳チーズ」の作り方の動画がありましたので載せておきます。



こちらは、味噌入りで作っていますね。味噌入りも美味しそうなので、次は味噌入りで作ってみようと思います!


牛乳アレルギー用チーズのまとめ


1. チーズは発酵食品で牛乳アレルゲンが減少したとはいえ、牛乳アレルギーの方は食べない方が良い!
2. 牛乳アレルギー用のチーズも販売されています。
3. 豆乳チーズなど、自宅でもチーズを作って食べることが出来る。

牛乳アレルギーだと、絶対チーズは食べることが出来ないと思っていたのですが、牛乳アレルギー用のチーズが販売されていたり、自分で本当に簡単に豆乳チーズが作れたり、すごく身近な存在に感じることができました。

豆乳チーズなんて、本当にあっという間に作れたので、ちょっと時間の空いた時に出来ちゃうのが本当に嬉しい♪後、息子の口に合うように改良せねば…汗

みなさんも是非^^

 チーズとくれば、ヨーグルトも食べてみたいですよね!?牛乳アレルギーとヨーグルトの関係についてはこちらをどうぞ。
 ⇒牛乳アレルギーの方、朗報です!あのヨーグルトが食べられるかも!?

Sponsored Links