この記事の所要時間: 515

%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e6%95%b4%e8%85%b8%e5%89%a4001

風邪をひいたとき病院で処方される整腸剤

病院で処方されたし、飲んでも大丈夫だろうって思いませんか?

ちょっと待ってその薬。本当に飲んでも大丈夫?

牛乳アレルギーの方が飲んだら危険な整腸剤があるんです。飲む前に一度、確認してみましょう!

知らなきゃ危険!牛乳アレルギーと整腸剤の関係。


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e6%95%b4%e8%85%b8%e5%89%a4002

風邪をひいて病院へ行って抗生物質を処方されたとき、同時に整腸剤も一緒に処方されますよね。

なぜでしょう?

それは、抗生物質は腸内の善玉菌にも作用し減らしてしまう為、腸内のバランスが崩れて下痢をおこしやすくしてしまうのです。

ですので、抗生物質を飲むときは一緒に整腸剤を飲んで、おなかの調子を整えて腸内環境を正常に戻すお手伝いをしてくれるのです。

下痢を改善しようと整腸剤を飲んだのに、下痢が悪化した!という声も聞きますが、これは整腸剤の副作用ではなく正常なこと。そういう状態の時は、乳酸菌が腸の中で戦っている証拠!下痢が悪化したからといって飲むのを辞めず飲み続けてください。飲み続けることにより、腸内環境が整い、下痢がおさまってきます。

また整腸剤は下痢だけでなく、便秘などを改善するため、腸内環境を良くする働きもあります。整腸剤を利用して腸内環境の状態をよくすることも必要な時もあります。



腸内環境を改善するために、とても大活躍してくれる整腸剤ですが、牛乳アレルギーの人が飲んではいけない整腸剤があります。

なぜ牛乳アレルギーの人が飲んではいけない整腸剤があるのでしょうか?

整腸剤の製造過程における凍結乾燥の際、菌の安定化のために「脱脂粉乳」を使用しているので、牛乳アレルギーの方が摂取してしまうとアレルギー反応が起こってしまいますので使用できないんです。

 子どもでも、そして大人でも牛乳アレルギーになる可能性はあります。牛乳アレルギーについて、もう一度整理しておきましょう。
 ⇒牛乳アレルギーっ子のママさん!こんな症状出ていませんか!?

一目でわかる!牛乳アレルギーでも飲める市販の整腸剤の選び方


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e6%95%b4%e8%85%b8%e5%89%a4003

整腸剤の中でも、整腸剤の名前の一番後ろに「R」がついているものをみたことがありませんか?

「R」がついている整腸剤は、抗生物質に対して高濃度まで生き延びられるので抗生物質には「R」がついている整腸剤が効果あると言われています。というか、「R」がついている整腸剤は、抗生物質と一緒じゃないと処方できないようです。

病院などで処方される場合は、お医者さんに牛乳アレルギーであるとこを伝えれば大丈夫ですが、もし、自分で市販の整腸剤を購入する際はどれが牛乳アレルギーの人が飲んでも大丈夫なのか、よくわからないですよね!

実は、簡単に見分ける方法があります!

整腸剤の名前に「R」がついているかどうかで、判断ができます。

「R」がついている整腸剤だいたい製造過程で牛乳由来の成分を含んでいます。中には、そうでない整腸剤もありますが、ほぼ乳成分を含んでいますので…目安になるのは嬉しいですね!

何らかの理由で病院へ行けないけど、急いで欲しい!って時に覚えておくと良いかも♪

「R」がついてるとか今まで全然そんなこと気にしていませんでしたが、今度処方された時は絶対確認してみよう!と思いました。気になる~!!!
処方されるような病気にはなりたくないですが…^^;

牛乳アレルギーの人が飲んではいけない整腸剤と飲んでも大丈夫な整腸剤は?


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e6%95%b4%e8%85%b8%e5%89%a4004

牛乳アレルギーの方が飲んではいけない整腸剤を調べると、結構種類があることにびっくり!!!これでも一部かもしれませんが、紹介します。

*飲んではいけない整腸剤*

・アンチビオフィルス細粒
・エンテロノン‐R粉末・散
・エントモール粉末・散
・コレポリーR粉末・散
・ビオスリー粉末・散、ビオスリー錠剤
・ラックビーR粉末・散 

!注意! ラックビー粉末・散、ラックビー微粒は、2005年6月より牛乳由来不使用になったので牛乳アレルギーの方も飲めるようになりましたが、薬局に旧製品が残っている場合、処方される可能性があるかもしれないので、必ず薬剤師さんなどに牛乳アレルギーということを伝えてください。また上記のラックビーR粉末・散は、牛乳由来成分が含まれていますので、間違えないようにしてください。

・タンナルビン粉末、タンニン酸アルブミン粉末(下痢止め)
上記の整腸剤は、牛乳アレルギーの原因である「カゼイン」などのタンパク質や、乳成分が使用されているため牛乳アレルギーの方は使用できません。

*飲んでも大丈夫な整腸剤*

・ビオフェルミン散、ビオフェルミンR
・ビオスミン配合散
・レベミン散
・ミヤBM錠

上記の整腸剤は、牛乳アレルギーの方に使用可能です。ですが、ごく微量の乳成分が入っているので、重度の牛乳アレルギーのある方は、軽度のアレルギー症状が出る可能性もあります。

うちの息子はいつも、ビオフェルミンを処方されています。牛乳アレルギー数値は高い方ですが、アレルギー反応を起こしたことは今までにはありませんでした。

いつも薬局で牛乳アレルギーであることを伝えているので信用して安心して飲んでいましたが、整腸剤にはごく微量でも乳成分が入っているとは知らなったので正直驚きました!

ビオフェルミンを飲んだ時、アレルギー症状が出なくて本当によかったなーと思いました。

牛乳アレルギーと整腸剤の知っておきたいこと


1. 牛乳アレルギー整腸剤の関係
2. 一目でわかる!牛乳アレルギーでも飲める整腸剤の見分け方
3. 牛乳アレルギーの人が飲んでいい整腸剤とダメな整腸剤

牛乳アレルギーの人は食品だけでなく、薬にも乳成分が入っているものがこんなにたくさんあるなんて驚きです。
病院に行って薬を処方された時は、必ず「牛乳アレルギー」ということを伝えてください。

 他にも、知っておきたい、牛乳アレルギーと薬との関係
 ⇒牛乳アレルギーの薬ってどんなものがあるのか紹介します!

Sponsored Links