この記事の所要時間: 55

%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e4%b9%b3%e7%b3%96001

食品の表示を見ると「乳糖」という文字を見かけると思います。

「乳糖」は加工食品の中にも甘味剤としてよく使われているんです。

牛乳アレルギーの方は「乳糖」を摂取しても大丈夫だけど、「乳糖」を摂取するとアレルギー症状が出る方もいらっしゃるそうです。それは一体なぜなのでしょうか?

牛乳アレルギーでも乳糖は大丈夫なのに乳糖がダメな人はどんな人?


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e4%b9%b3%e7%b3%96002

牛乳アレルギーでも乳糖を摂取しても大丈夫なのはなぜでしょうか?

なぜなら乳糖は、ガラクトースとオリゴ糖が結合した二糖類で、母乳や牛乳に含まれる栄養素だからです。

ただ、乳糖は牛乳を原材料として作られているため、微量の牛乳タンパクが混ざっている場合がありますが、乳糖牛乳アレルギーの症状が出る方はごくわずかしかいません。


では、逆に牛乳アレルギーの方が大丈夫なのに、乳糖を摂取してアレルギー反応が出る方がいらっしゃいますが、そういう方はどういう方なのでしょうか?

乳糖を摂取してアレルギー症状がでることを、「乳糖不耐症」といいます。

乳糖不耐症とは、牛乳の糖質の主成分である乳糖を身体が消化できない症状のことです。

乳糖が血流に吸収されるには、ブドウ糖とガラクトースに分解されなければならないのですが、そのためには、ラクターゼという酵素が必要です。

だいたい2歳頃をさかいに体内のラクターゼの生産が減少してしまいます。大人になるとそれがなくなってしまい、大人の日本人の約8割近くの人たちがこのような症状が起こります。

よって乳糖不耐症は成長と共に現れてきますが、大人になってからの乳糖不耐症はめずらしいことではないので、そんなに気にしなくても大丈夫です。気になる方はお医者さんに相談してみてくださいね。


しかし、赤ちゃんでも乳糖不耐症になる場合もあるそうで…。

産まれながら乳糖分解酵素がない先天性乳糖不耐症と、急性の下痢症などが原因で酵素のはたらきが弱まって起きる二次性(後天性)乳糖不耐症があるそうですが、先天性乳糖不耐症はまれのようです。

乳糖不耐症は、大人がなるものだと思っていましたが、赤ちゃんもなるなんてびっくりしました…。

赤ちゃんは、ミルクを飲むのが当たり前なのに、飲むたびに下痢などの症状が出てしまったら、可哀想ですよね…。早めに症状に気づいてあげたいですね!!
少しでも、下痢が続いたり、何か変だなと思ったら早めに病院へ行かれるとこをオススメします。大人でも下痢は辛いですもんね…汗

 自分の子どもがもしかして、牛乳アレルギー?と思ったら
 ⇒牛乳アレルギーっ子のママさん!こんな症状出ていませんか!?

みんなの疑問解決!牛乳アレルギーと乳糖不耐症はなにが違うの?


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e4%b9%b3%e7%b3%96003

牛乳アレルギーと乳糖不耐症は全くの別物です。

牛乳アレルギーは、乳製品全般を摂取すると主にじんましんなどの症状が出ます。

乳糖不耐症は、すべての乳製品を摂取すると症状が出るのではなく、乳製品などの食品に含まれる乳糖を摂取すると、主に腹痛や下痢などの症状が出ます。下痢は、酸っぱいにおいのするガス成分の水様の下痢です。

乳糖不耐症のしくみや症状の説明の動画を載せておきます。



乳製品を摂取して何かしらの症状が出た場合、自分ははたして、牛乳アレルギーなのか、乳糖不耐症なのか、判断ができないですよね。

乳糖不耐症かどうかは、病院で調べることが出来ますので、気になる方は病院で検査されることをオススメします。

*乳糖不耐症検査*

 乳糖を飲ませて血糖が上がらず、便の中に糖が排泄されることで診断します。
 腸粘膜を採取して酵素の活性を調べると確実です。

知らなきゃ損!乳糖不耐症の対処方法と気を付けるべき食品


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e4%b9%b3%e7%b3%96004

乳糖不耐症の対処法

1. 自分自身の乳糖の許容量を知ること。
2. 乳糖を含む食品を除去・制限する。ラクターゼを含む食品を摂取する。
3. 豆乳ヨーグルトなど発酵食品などを食べて腸内環境を整える。

製造過程で乳糖がほとんど取り除かれているバターや熟成チーズなどは腸内で乳酸菌などの菌が増えるもととなり、続けて摂取することによって腸内のラクターゼが増えてくる要因となりますので、積極的に摂取したいところ。


乳糖を含む食品には、主に牛乳、アイスクリーム、ヨーグルト、バター、チーズなどがあります。(商品によっては、乳糖が入っていないものや、乳糖が少しだけ入っているものなどさまざまです)がケーキやサラダのドレッシングなどの加工食品にも乳糖が含まれている場合もあります。

ヨーグルトには牛乳と同じくらいの乳糖が含まれていますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌にラクターゼが含まれており、このラクターゼが乳糖の消化を助けてくれるので、そこまで気にしなくても大丈夫そうです

赤ちゃんは、乳糖を含まない特殊な粉ミルク(ラクトレス、ボンラクト)を使用してください。

また、病院で乳糖の分解を促進させる乳糖分解酵素剤を薬として処方される場合もあります。

牛乳アレルギーの方は上記のものは食べることができないので、病院で乳糖不耐症と診断された方のみ試してみてくださいね。

 牛乳アレルギーとヨーグルトの関係は?
 ⇒牛乳アレルギーの方、朗報です!あのヨーグルトが食べられるかも!?

牛乳アレルギーと乳糖のまとめ


1.牛乳アレルギーでも大丈夫な乳糖は「乳糖不耐症」の方は摂取してはダメ。
2.牛乳アレルギー乳糖不耐症は、全くの別物。
3.乳糖不耐症の対処方法と気を付けるべき食品がある。

牛乳アレルギー乳糖不耐症は、似ているようですが全くの別物です。

対処方法も変わってきます。

自己判断で「牛乳アレルギー」乳糖不耐症」と決めつけず、どちらもお医者さんの診断を受け、ご自分に合った対処方法をしてくださいね!

Sponsored Links