この記事の所要時間: 524

%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c001

みなさん「乳酸菌」ってよく耳にするかと思いますが、実際どんなものなのかご存知ですか?

「乳酸菌」は「乳」がついても、牛乳アレルギーの方でも大丈夫なのですが…


気を付けたいのが、「乳酸菌飲料」です。「飲料」がつくだけで、全くの別物なのです!

牛乳アレルギーの方は「乳酸菌飲料」は飲まないでくださいね!!!

牛乳アレルギーでも乳酸菌は大丈夫!乳酸菌の良いところ!


%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c002

牛乳アレルギーでも乳酸菌は大丈夫なのですが…

乳酸菌って「乳」がつくのに、なぜ牛乳アレルギーの人でも大丈夫なのか、みなさんご存知ですか?


それは、乳酸菌は発酵食品を発酵して乳酸を作り出す細菌のことなので、乳酸菌自体には「乳」が含まれていないので大丈夫です。


牛乳アレルギーを改善するには、体質改善や免疫力UP等する為に腸内環境を良くするのが1つ方法ですが、日本人の腸内環境を良くする為には、牛乳から作るヨーグルトなどの動物性乳酸菌ではなく、漬物やキムチ、納豆などを発酵させる時に使われる植物性乳酸菌の方が合っています。


腸内環境を改善して牛乳アレルギー体質改善などを目指すなら、年単位での取り組みが必要で、1年以内の短期間ですと、効果は上がらいので長く続けることをオススメします。

私も自宅で発酵食品である味噌を作っていますが、まだ1年も経っていないので、これからも続けないといけないですね!まさに継続は力なり!!!

乳酸菌を自分で作って増やしてみよう!!!


%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c003

実は私、自宅で乳酸菌を培養しているのです。

知り合いの方から種菌をもらったのがきっかけでした。その知り合いの方にも、牛乳アレルギー体質を改善するのには乳酸菌を取り入れ腸内環境を改善するのがいいと言われたのです。

作り方は本当に簡単!

*材料*

・2ℓのミネラルウォーターのペットボトル…1本
・米(白米でも良いですが、玄米のほうが良いかと…)…1合
・黒砂糖…大匙1
・塩(自然塩)…小匙1
・にがり…少々

*用意するもの*

・ザル
・ボウル
・じょうご
・茶こし

*作り方*

1.清潔なボウルに置いたザルに米を入れて、ペットボトルの水をひたひたになるまで注ぐ。
 ※水が余ったらペットボトルは空にしておく。

2.左まわりに軽くかき混ぜる。手は石鹸で洗っておく。

3.そのまま5分放置する。

4.ザルごと米を取り出す。

5.4のとぎ汁を清潔なじょうごで1で空にしたペットボトルに移す。
 ※ペットボトルの8分目くらいを目安に入れてください。

6.黒砂糖と塩とにがりを入れる。

7.ペットボトルにふたをして、軽く振る。

8.ペットボトルのふたを少し緩め、電気製品から離れた場所(直射日光に当たらないところ)に置く。ふたを少し緩めるのは、発酵がすすむとペットボトルが膨らんでくるので、破裂するのを防ぐ為です。黒砂糖を沈殿するので、毎日混ざるように振ってください。

9.2~3日すると、ペットボトルが膨張してくる。夏場は3~4日、冬場は1週間ほど置くと、薄茶色の乳酸菌液(種菌)になる。ペットボトルのふたを開けたときに、シュッという音がして、酸っぱい匂いがしたら完成! 
 ※鼻につくような腐敗臭がしたら失敗なので、最初から作り直してくださいね。

10.9を清潔な茶こしでこして、消毒したふたつきのペットボトルに入れ保存。
 この時、種菌となる乳酸菌液は半分残しておいてください。
 保存の目安は半年。使うたびに、見た目、匂いを確認してください。

11.10で種菌となる乳酸菌液を半分残したものの中に、上の分量の砂糖、塩、にがりを入れ、ミネラルウォーターをペットボトル8分目まで入れてください。そしたら、7~10を繰り返ししていくと乳酸菌液が増えていくので、どんどん使ってみてください。

わかりやすい作り方の動画がありましたので載せておきます。



発酵すると本当に炭酸を振ったときのようなシュワシュワした泡が出てきますので、開けるときは注意が必要です。

また、乳酸菌液は色々と使えますよ!

例えば、蚊に刺された時、肌にたっぷりと塗るとかゆみがおさまったりするので、子どもたちにつけています♪

知らなきゃ損!乳酸菌の本当のお話


%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c004

これまでほとんどの乳酸菌は腸に届かずに胃酸で死んでしまっていたのが欠点と言われていましたが、実はそうではないそうです!

乳酸菌は生きた乳酸菌でも、胃酸や加熱で死んでしまった乳酸菌でも効果に変わりはないのです。乳酸菌が生きていなければならないのは、身体の為ではなく、乳酸発酵の為。

今大事だと言われているのは、乳酸菌の生死よりも乳酸菌を摂取して腸に届く数が重要視されています。

そこで、先程お話した乳酸菌液が大活躍してくれるのです!!!

実際私がしているのですが、お味噌汁やお米をといでスイッチを押す前に少し入れたりしています。

味はわからない程度に入れているので、子どもたちにバレたことはありません!笑

お味噌汁などだけでなく、思いついたら何でも入れるようにしています。

乳酸菌のサプリも発売されているようです。ただ、サプリの中には乳酸菌の保持を目的に粉乳等を一緒に使用しているものもあるので、念のため成分表の確認をしてくださいね。

牛乳アレルギー改善を助けてくれる乳酸菌のまとめ


1. 牛乳アレルギーの方でも乳酸菌は大丈夫!むしろ積極的に取り入れて体質改善しよう!
2. 自宅で乳酸菌を育てよう!
3. 乳酸菌は生きていても死んでいても腸に届くことが大事!

牛乳アレルギーにとって乳酸菌を取り入れることは、本当に良いことばかり!

積極的に取り入れて体質改善したいですね!

私も今まで以上に取り入れていきたいと、改めて思いました!!

※牛乳アレルギーであっても、いろんなものを食べたい!そんな時にオススメの記事がこちらです。
 ⇒牛乳アレルギーでもパンが食べたい!それが叶う3つの事を紹介します
 ⇒牛乳アレルギーでも身近な存在のチーズ。騙されたと思って読んでみて
 ⇒牛乳アレルギーの方、朗報です!あのヨーグルトが食べられるかも!?

Sponsored Links