この記事の所要時間: 51

%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e6%94%b9%e5%96%84%e9%a3%9f%e4%ba%8b001

牛乳アレルギーっ子のママさん!なんとしてもお子さんの牛乳アレルギーの症状を改善したいですよね!

改善する方法は色々ありますが…

牛乳アレルギーの息子も色々試していまして、その中でも薬にも頼らない身体に良い改善方法を見つけたので紹介したいと思います。

※牛乳アレルギーって?まずはこちらの記事をチェック。
 ⇒牛乳アレルギーっ子のママさん!こんな症状出ていませんか!?

牛乳アレルギーを改善する食事とは一体どんなのでしょ!?


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e6%94%b9%e5%96%84%e9%a3%9f%e4%ba%8b002

牛乳アレルギー改善するにはまず、体質改善、免疫力UPすることが大事だと思います!

そんなことわかってるけど…

じゃあ一体どうしたらいいの!?って思いますよね。


まずは、腸内環境の状態を良くすること!

腸内環境を良くするには、まず毎日の食事を見直すことが大事です。

食事は、直接体内に入るものですから、身体に与える影響はとても大きいのです。

腸内環境を良くするには、やはり発酵食品をとるのが一番良いと思っています!


私たちの身近な発酵食品といえば、みなさん何を思いつきますが?

お味噌や、キムチ、納豆、ぬか漬けや梅干しなどが一般的かと思います。

牛乳アレルギーの方は、ヨーグルトを食べることができないので、豆乳ヨーグルトを食事の後に取り入れてもいいかもしれませんね♪

※牛乳アレルギーでも飲むことができる豆乳のまとめはこちら。
 ⇒牛乳アレルギーの方必見!豆乳ライフを満喫する3つの方法!


野菜にも、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれていますので、どんどん取り入れていきたいですね!

ごぼう、にんじん、大根、カボチャなどは食物繊維も多く含まれていますので、お味噌汁に入れて食べれば、いろんな意味で1度に2度オイシイ♪

私は毎日お味噌汁を飲まないと気が済まないタイプなので^^;

毎日の食事でお味噌汁は取り入れています。

こうやって簡単に取り入れられるものから始めると、負担にならなくてよいと思います!

継続的に取り入れることに意味がありますから、負担になってたら続けられないですものね!

あと、白米を玄米に変えるのもよいですよー!

お子さんは、急に玄米に変えると「なにこれ!?」ってなり、なかなか受け入れてもらいないかもしれませんので(うちの子たちがそうでした…)最初はちょっと混ぜる程度で…それが慣れてきたら、少しずつ玄米の量を増やしていけば、違和感なく食べてくれると思います。

発酵食品の献立に困ったらこちらを参考にしてみるのもよいかも♪



牛乳アレルギーを改善するためにやめておくべき3つの食事法


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e6%94%b9%e5%96%84%e9%a3%9f%e4%ba%8b003

1. 食べ過ぎない!

食べ過ぎると胃腸に負担がかかってしまいます。

2. 肉食中心の食事をやめましょう。

肉を食べるな!とは言っていませんよ^^
ただ、肉の摂取量が多いと、腸内で消化するのに時間がかかってしまうために腸内の悪玉菌が増えてしまい、腸内環境を悪化させてしまいます。

3. 合成保存料の入っている食品はなるべく避けましょう。

今はほとんどの食品に合成保存料が入っています。
合成保存料は、腸内の善玉菌を殺してしまいます。

これに気を付けるだけでも、全然変わってくると思います!!

牛乳アレルギー体質改善を目指して普段から食事に気を付けるほか、アレルギー症状が強く出ている時は、特に気を付けて節制することが必要です。

直接アレルゲンとなっている食べ物でなくても、アレルギー症状をひどくしてしまう場合がありますので、気を付けたいところです。

昔の人の食事がヒント!日本人には日本人に合った食事が一番!


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e6%94%b9%e5%96%84%e9%a3%9f%e4%ba%8b004

今、粗食がいい!と言われていますが、それはなぜでしょう?

実は戦後10年くらいまでは、胃腸病などの人はほぼいなかったそうです。

粗食だった時代は、平均寿命が50歳などで、現代よりは寿命が短かった…。


なのに、なぜ粗食がいいと言われているのか、私は考えました。

昔の人の食事といえば、主にごはん、お味噌汁、漬物の3品くらいかなと思うのですが、栄養は不足しているかもしれませんが、胃腸には優しい3品だと思います。

現代の食事と比べるとどうでしょうか?

現代の食事は、肉食や乳成分を摂取する欧米型食生活になってきていると思います。

今と昔では、全然食生活も違いますし、昔の人はほとんど太っている人はいなく、ほっそりしている人ばかりだったと思います。

今は、体型も食事も欧米化してきていますが、そもそも日本にはもともとなかったものです。

だから昔の人の中には、もちろん牛乳アレルギーの方もいらっしゃらなかったと思います。だって、そもそも昔は乳製品などなかったですから^^

やはり、日本人に合った食事「和食」を基本とし、現代の食事のいいところをプラスすれば満足いく食事をすることができるのかな、と個人的に思います。

例えば、ごはん、お味噌汁、漬物、魚介類 or お野菜…という感じかな^^

粗食すぎても、今度は栄養失調になってしまっても困りますものね…汗

とにかく、同じものを過剰摂取することや、食べ過ぎることは良くない!ということに辿りつきました。

牛乳アレルギーを改善するための食事のまとめ


1. 牛乳アレルギーを改善する食事は、発酵食品や野菜や玄米がいい!
2. 牛乳アレルギーを改善するために、食べ過ぎや化学保存料などに気を付ける!
3. 昔の人の食事を基本に現代の食事も取り入れて考えてみよう!

牛乳アレルギーを改善したいのならやはり日頃の食事の見直しをすることが一番大事だと思います。腹8分目!!!っていう言葉は、本当にその通りだと思いますよ!

Sponsored Links