この記事の所要時間: 511

%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88001

甘くて美味しいチョコレート!みんな大好きチョコレート♪(中には嫌いな人もいるかもしれませんが…^^;)

牛乳アレルギーでもチョコレート食べたいですよね!!!

牛乳アレルギーでも食べても大丈夫!なチョコレートを紹介したいと思います。

◎牛乳アレルギーってどんなもの?と思ったら。
 ⇒牛乳アレルギーっ子のママさん!こんな症状出ていませんか!?


牛乳アレルギーでもOKなチョコレートとNGなチョコレートがある!?


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88002

チョコレートってそもそも何でできているか知っていますか?

チョコレートは、カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖・ココアパウダー・粉乳などを混ぜて、練り固めたものです。

粉乳は、牛乳を濃縮・乾燥させて粉末にしたものなので、これが入っている為、牛乳アレルギーの方はチョコレートを食べることが出来ません。

スーパーやコンビニなどで売っているチョコレートには、だいたい粉乳が入っているんですよね…^^;

リンツ(Lindt)エクセレンスのカカオ99%のチョコレートですと、乳成分が入っていないので、牛乳アレルギーの方でも食べることができます。

しかーし、カカオ99%ですから甘くない…。というか、苦い!!!

チョコレートと呼ぶには程遠いかもしれない…ひとくちは食べられるけど…全部食べきれない…汗

そのままでチョコレートを全部食べきることは不可能に近い!と確信した私は、残ったチョコレートはそのまま食べるのではなく、豆乳に溶かして混ぜて飲んだり、お菓子を作る時に使ったりしたら美味しく食べられるのかなーなんて思いました!

どのくらい苦いものなのか、みなさん試しに食してみるのもいいかもしれません♪

その他にも、アルテルエコ オーガニックチョコレートも乳成分が入っていないので食べることが出来ます。

しかし、こちらのチョコレートはお値段が高い!さすがオーガニック!!

お味はやはり甘みはなく、やはり苦い…。ただ、封を開けるとカカオとバニラの良い香りがするそうです!

甘いチョコレートが苦手な方はちょうど良いかも。

大人の味のチョコレートを試してみるのもいいですね♪

牛乳アレルギー対応のチョコレートを紹介しちゃいます♪

%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88003

牛乳アレルギーだと甘~いチョコレートは食べることが出来ないのかな…って思った方、大丈夫ですよー!!

ちゃんと牛乳アレルギーでも食べることが出来るチョコレートもあるんですよー^^

それはどんなものかというと…カカオバターなどで作られているチョコレートなんです。

カカオバターって「バター」ってつくけど、本当に大丈夫なの!?って思う方もいらっしゃると思いますが、大丈夫です。

カカオバターは、カカオの油脂で作られており、乳成分は一切入っていないのですよー!

こちらのチョコレートですと、安心して食べることが出来ます!嬉しいですね♪


しかも板チョコだけで種類ないのかな~なんて思っていたら、なんと!

牛乳アレルギー対応で生チョコがあることにビックリ!!!

その他にも、恐竜型のチョコレートだったり、お花型のチョコレートだったり、本当に種類豊富なのがありがたい!

プレゼントにも最適だし、板チョコだったらお菓子作りにもピッタリだし、用途に合わせて使い分けることができますね♪

しかも、味もストロベリー味やパンプキン味などもあるので、色々な味が楽しめるのがいいですね~!

考えた人、本当にすごいな~って改めて思いました。

材料はたったの3つ!アレを使ってチョコレートを作ってみよう♪


%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88004

なんと!材料3つだけでチョコレートを作ることが出来るレシピを発見したのでご紹介したいと思います♪

*材料*

・ココナッツオイル … 1/4カップ
・ココアパウダー … 1/4カップ
・メープルシロップ … 大匙3

*作り方*

1.ココナッツオイルが固まっている場合は湯煎、または、鍋で弱火にかけて溶かす。
 あまり熱くしすぎず、ギリギリ溶けるくらいまでにすると分離しにくい。
 少し冷めるまで混ぜると良いです。
2.全ての材料を混ぜる。甘みは味見をしながらお好みで調整する。
3.平な型に流して冷凍庫で固める。
4.固まったら型から取り出し、お好みの形にカットして完成。

冷凍庫で固める前にチョコレートソースとして、フルーツなどにかけて食べてもヨシ!
固めて刻んでチョコレートチップとして使ってもヨシ!
チョコレートケーキを作るのに、生地にチョコレートを混ぜてもヨシ!
考えてみるといろいろなスウィーツに使えるのが嬉しいし、アレンジ出来るのも楽しいですよね!!お好みで使ってみるといいですね♪

乳製品を一切使わない「ローチョコレートムース」の作り方の動画を見つけましたので載せておきます。



ちなみに、「ロー」とは45度以上の熱を加えずに調理する料理の事だそうです。
知らなかった…^^;

◎牛乳アレルギーを持つお子さんにも、お菓子を食べさせてあげたい!そんな時は?
 ⇒朗報!牛乳アレルギーでも生クリームたっぷりのアレが食べられる!?

牛乳アレルギーとチョコレートのまとめ


1. 牛乳アレルギーでもOKなチョコレートとNGなチョコレートがあります。
2. ネットなどで牛乳アレルギー対応のチョコレートが販売されています。
3. 材料はたったの3つ!自分でチョコレートが作れます。

カカオ99%ですと、牛乳アレルギー対応のチョコレートじゃなくても、牛乳アレルギーの方でも食べることが出来るんですね!

甘いものが苦手の方はこちらのチョコレートが向いているかもしれません♪

甘いチョコレートが食べたい方は、牛乳アレルギー対応のチョコレートがよいかと^^

しかし、チョコレートを食べるときは、必ず成分表を確認してから食べてくださいね。これ大事!!

Sponsored Links