この記事の所要時間: 55

卵アレルギー 症状 時間001

一口に「卵アレルギー」と言っても、症状は人それぞれですよね。

軽い湿疹のみの人もいれば、我が家の息子のように、強いアナフィラキシー反応を起こして入院する人もいます。

人間それぞれ違うので、当たり前なのですが、実は、卵を摂取してから体に反応が起こる時間もパターンがあるようなのです。

我が家の息子の体験談も交えながら、卵アレルギー症状時間のパターンをご紹介します。

卵アレルギーの症状とは?


卵アレルギー 症状 時間002

まず、卵アレルギーになると、どのような症状が出るのでしょうか?

こちらもいくつかパターンがあるようです。

まず、卵アレルギーで最も多い症状は、皮膚の症状です。口の周りに赤い湿疹がぽつぽつ出るというのが代表的ですが、そのほかに皮膚がカサカサしたり、腫れたりということもあるようです。

他に、目が赤く充血したり、腫れたりする目の症状や、くしゃみ、鼻水、咳などが出る呼吸器の症状、腹痛や、下痢、嘔吐などの消化器の症状があります。

症状が出た場合は、自己判断せずに、必ず医師に診てもらいましょう。

また、卵を食べて同時に2種類以上の症状が出た場合や、血圧が下がり明らかにぐったりしている場合は、強いアレルギーの反応である、アナフィラキシーを起こしている場合もあります。

この症状は命に関わることがありますので、一刻も早く病院を受診し、必要な時は救急車で病院に向かいましょう。

◎命に関わるアナフィラキシーって、どんなアレルギー反応?
 ⇒怖いアレルギー症状のアナフィラキシー!健康にも良いにんにくでも・・・

一番多いのが即時型反応


卵アレルギー 症状 時間003

一番多く見られるのが、食べてから数分後に症状が現れる「即時型反応」です。

食後15~30 分くらいで起こり、遅くても2時間以内には症状が現れるパターンです。

離乳食で、赤ちゃんに初めての食べ物を食べさせる場合は、「即時型反応」を頭に入れ、アレルギー反応が出てもすぐ病院へ駆けつけられるよう、平日の午前中にしましょう。

その方が安心して、初めての食べ物を試せるかと思います。

ちなみに、我が家の息子は、茶碗蒸しでアナフィラキシーショックという強いアレルギーの反応が出たのですが、息子の場合もこの「即時型反応」でした。

順調に離乳食を食べていたかと思いきや、食べ終わる少し前に嘔吐。その後、号泣とともに、顔中がみるみるうちに真っ赤になったかと思ったら、今度は真っ青になりました。

一度に数種類の反応が出た上に、血圧も下がるアナフィラキシーショックでした。

本当に恐ろしくて、初めはどうしたらよいのか分からなかったのですが、その日最初の食事で午前中でしたので、とりあえず病院だ!!と我に返り、我が家から走って数分の病院へ向かい、点滴の治療をしてもらいました。

後から、すぐに受診して本当に良かったよと、看護師さんがフォローしてくださいましたが、私の中では、それよりも、「卵アレルギーを起こしてしまった」という現実が大きかったように思います。

それだけ、怖くて受け入れがたい現実でした。

遅発型反応


食べてから6時間から8時間(約半日後)症状が現れるのが「遅発型反応」です。

卵を食べてから、症状が出るまでに次の食事が入ってしまったり、間食が入ってしまったりするので、アレルゲンの特定が難しくなったり、アレルギー自体を見過ごしてしまう場合もあるようです。

遅延型反応


食べてから1日から2日後に症状が出るのが「遅延型反応」です。食べてから、かなり時間が経つので、よほど注意していないと、アレルギーだと気がつかない事があります。

ツベルクリン反応とよく似ているようです。

二相性の反応


卵アレルギー 症状 時間004

時間の経過とともに、即時型→遅発型→遅延型と紹介してきましたが、その経過と比例して反応も少なくなるようです。

ただ、即時型に続き、一度落ち着いてきた症状が、半日後に再び悪化する「二相性の反応」というものもあります。

実は我が家の息子はアナフィラキシーを起こしてしまっていたので、この「二相型の反応」の恐れがあると診断され、かかりつけの病院から、救急車でアレルギー外来のある総合病変へ向かい、入院して様子を見ることになりました。

再び点滴をしながら、ベッドでぐったりした様子の息子。

私は現実を受け入れるのが必死な感じでしたが、その後、母乳を飲み、卵除去された離乳食を少し食べ、「二相型の反応」は出ることなく、翌日、自宅に戻ることが出来ました。

卵アレルギーを甘く見ていましたね。

食物アレルギーの対処の仕方を症状時間の経過を交えて、とても詳しく説明している動画がありましたので、少し長いのですが参考まで載せておきます。



卵アレルギーの症状が出るまでの時間のまとめ


症状を正しく知ろう~皮膚の症状・目の症状・呼吸器の症状・消化器の症状
アナフィラキシーという強い反応もある
② 即時型反応(15から30分以内で遅くても2時間以内)一番多い!!
③ 遅発型反応(6時間から8時間後)
④ 遅延型反応(1日から2日後)
⑤ 二相性の反応(即時型に続き、半日後再び悪化すること)

卵アレルギーの反応も様々、そして、反応する時間も様々ですが、まずは、症状を把握することが一番大切だと思います。

離乳食の場合は、初めての食材の時はメモしておいてもいいですね。いつもと様子が違うと思ったら、すぐに病院を受診しましょう。

◎卵アレルギーに関する記事には、他にもこんなものがあります。
 ⇒大切な赤ちゃんが卵アレルギー?!症状を解説!!
 ⇒赤ちゃんに一番多い卵アレルギー!原因と対策を知って食べられるようになろう!!
 ⇒卵アレルギーでも栄養満点レシピ!!私が作ったご飯たち
 ⇒卵アレルギーでも諦めない!!食べられるケーキ大調査

Sponsored Links