この記事の所要時間: 47

rhonya76

こんにちは、マイヤです。
街並みがとにかく可愛らしく、それでいて落ち着いた雰囲気のクロアチア。

4年前に私が旅行した際は、ツアーもほとんどなくて探すのに苦労しましたが、
日本でも最近注目を浴びて旅行者の増加に伴い、ツアーも格段に増えました。

クロアチアは街並みだけではなく、食事も魅力的だってことを皆さんはご存じですか?

海外での食事は日本人の口に合わないものも多く、苦労することも多々ありますが、
日本人にはクロアチアの食事がとってもオススメ!

今回はクロアチアの食事の魅力に迫ります!

本場イタリアにも負けない味!

クロアチア食事<修正>2
Pink Sherbet Photography


「そもそもクロアチア料理って何だろう?」

このような疑問をもたれる方も多くいらっしゃるかと思いますが、周辺諸国から様々な影響を受けているので、「これがクロアチア料理!」というものはないです。

多くのツアーで訪れる地中海側はシーフード料理が多く、またイタリア料理に酷似しているので日本人が慣れ親しんでいる味に近いです。

しかもその味はイタリアに劣らない美味しさ!!
私はクロアチアとイタリアをセットで旅行したのですが、味に関しては甲乙つけられませんでした。

内陸部は肉料理が多くなります。
ビールやワインと相性の良い料理でアルコール類も豊富!
大人旅での思い出作りにはもってこいです!

ドゥブロブニクの上品なレストランで忘れられない時間を過ごすのはいかがですか?



新鮮だから生でもOK!

クロアチア食事<修正>
Veyis Polat


海外での食事では基本的に火に通したものでないと食中毒になってしまう恐れも多いもの。


ところがクロアチアでは何と生牡蠣を食べることができたのです!!


日本でさえ「気を付けないと食中毒になる」と危険視されている生牡蠣が、私の宿泊したホテルのレストランメニューにありました。
決して高級なホテルではなく、ランクは三ツ星でした。

牡蠣が大好きな私は迷わず注文。

日本では細長いものが主流ですが、クロアチアでは日本のものより丸く大きなものでした。

味付けはいたってシンプル。
なんと、海水の塩分とレモンだけ!

でもこれがすごく美味しいのです!!

こんなに美味しい食材が存在していたなんて……っ!!!
本当に感動しました。

そのまま海水を食事に使える程、アドリア海の海水は非常に透き通って美しいのです。


そんな美しい海の幸を取れたて新鮮で提供してくれるのがクロアチアの魅力。
古来より海鮮を楽しんできた日本人には至福なひと時を過ごせますよ♪

気になるお値段は?

クロアチア食事<修正>4
S A M I K Productions – © KimL.


私がクロアチアへ訪れた際はEU加盟前だったので、物価が高いというイメージはなかったのですが、2013年にEUに加盟してからユーロを将来導入するにあたってインフレになっています。
その為、高額とまではありませんが日本と同等くらいの物価にまで上がってきています。

一番の観光都市であるドゥブロブニクは特に物価が高いのですが、首都のザグレブは日本よりも若干安いようです。
(2015年4月下旬現在)


先ほど動画にてご紹介したレストランはお値段が高めで、フルコースで一人1万円弱、コースでなければ一人5,000円程しますが、あくまで上品でお高めなレストランなので、全てのレストランがここまで高いわけではありません。


私の実体験なので4年前の情報ではありますが、ドゥブロブニクのホテルで食べた生牡蠣は一杯が日本円で100円程度、ザグレブのレストランでの食事はアルコール類も含めて大人二人で1,500円前後

イタリア(ヴェネツィア)では同等のレストランでも一人1,200円前後で、味が同等だったので私はクロアチアの方が断然お得だと思いました。


現在ではイタリアと金額があまり変わらないレストランが多いとの声もあるので、ご予算に応じてレストラン選びをすることをお勧めします。
物価が日本より安い国に比べると高いですが、日本と同等と考えると、お値段に関しても特に抵抗はないのではないかと思います。


クロアチアの食事事情、いかがだったでしょうか。
「海外には行きたいけど、食事が不安!」という方にクロアチアはとってもオススメ!

美味しいワインを片手に新鮮な海の幸をいただく、そんな大人な旅はいかがですか?




長旅にケンカはつきもの!
知っておかないと後悔する、ケンカを防ぐコツとは?
→「旅行中に同行者と喧嘩したことありますか?これをチェックしないと折角の旅行も台無しに!」

Sponsored Links