この記事の所要時間: 340

今は本屋さんでたくさんヨガの本が出ています。

おうちヨガは好きな時にできていいですよね。


最初は見よう見まねでポーズをキープするのに精いっぱいですが、慣れてくると疑問になるのがヨガの呼吸法ではありませんか?


私は色々なヨガの本やDVDを買って家で試していたのですが、買う本によって呼吸法が違うことに気づきました。

ヨガってみんな腹式呼吸じゃないの?って疑問に思いました。

実はヨガはヨガの種類によって呼吸法が違うのです。


これを知らずにすべて腹式呼吸でヨガをしていると、ポーズがきちんとできていても効果が表れない!なんてことになるかもしれません。


ヨガは奥深いことがいっぱい!今日はヨガの呼吸法についてお話します。


呼吸法とは?


image004

私たちが普段意識することがない呼吸。

意識する時があるとすれば自然豊かなところにいって深呼吸するくらいですよね。

私もヨガをするまで呼吸を意識したことなんてありませんでしたし、呼吸が健康に影響するなんて考えたこともありませんでした。


現代人は忙しさやストレスで呼吸が浅くなっているのだそうです。


呼吸は「心」に深く関係していて、嬉しい時は深い呼吸になり悲しい時は短く浅い呼吸になるのです。

確かに泣いてる時って吸ったり吐いたりが短い時間で行われますよね。

その呼吸は酸素がうまく取り込まれないことで血行不良・代謝が落ちる・疲れが取れないなどの弊害が出ます。


たかが呼吸、されど呼吸です。

深くゆったりと日頃から呼吸することが大切です。


ヨガの種類によって違う呼吸法


ヨガにはたくさんの種類があります。

ベーシックなハタヨガやエクササイズのようなピラティスなど、リラックスするものからハードなものまで様々です。

基本的な呼吸法は腹式呼吸と胸式呼吸です。

リラックス効果があるのは腹式呼吸で、身体がすっきりと目覚めさせたい朝やリフレッシュしたい時、ストレス発散したい時などに効果があるのは胸式呼吸です。


私はリラックスヨガに通っていてそのヨガの時は腹式呼吸ですが、持っているDVDはピラティスで胸式呼吸です。


ヨガの内容・目的が違うので呼吸法が違うのです。

この呼吸法はヨガの最中だけでなく普段の生活にも取り入れられるので、疲れたなーと思ったら腹式呼吸をしてみるとリラックスできるかもしれませんよ。


スタンダードな呼吸法を紹介している動画を載せておきますので参考にしてみてくださいね。



呼吸法は教室で学ぶ


ヨガ教室は通うのに結構費用がかかりますよね。

私もお金がかかるのが理由でDVDや本を買っていました。

だけど、DVDや本で呼吸法を学ぶのは正直無理があります。

言葉ではわかりづらいですし、動きを取り入れながらの呼吸法は実際にやっている人は目の前にいる方が習得しやすいです。


私は自宅ヨガを続けて、同じヨガをやっているヨガ教室に体験に行っていました。

普通に通うよりも体験は安いですし、普通に通う時と同じプログラムを受けることができます。

そこで先生の呼吸法を見て「こうやってやるんだな」と学んでいました。

今は地域の体育館やスポーツセンターで安くヨガができるところがあります。


百聞は一見にしかず!是非実際に体験してみてください。


いかがでしたか?
まとめると、

1.呼吸は「心」に深く関係する
2.ヨガの種類によって呼吸法は異なる
3.呼吸法は教室に行って習得する

以上が健康になるヨガの呼吸法です。


ヨガの呼吸法が出来てくるとスーっと心と体が楽になるのがわかるようになります。

普段、仕事のストレスなどで体に力が入っているなーと思う人は是非実践してみてくださいね




呼吸法を習得して、ヨガの効果を最大限に発揮できそうですね!
ヨガをしていたのに痩せないのは呼吸法のせいだったのかも?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ヨガは痩せるために行うのでしょうか?
その答えはこちら!
⇒ヨガで痩せるって本当?ヨガのメリットとは

Sponsored Links