この記事の所要時間: 40


http://01.gatag.net/?s=%E5%BA%83%E5%B3%B6

宮島の厳島神社に原爆ドーム、美しいだけでなく負の遺産もある広島。

日本だけでなく海外からも多くの観光客の訪れる広島の名物といえば、もみじ饅頭。
80年代にお笑いのB&Bさんが広島名物として広め、今では定番のおみやげとなりました。

もみじ饅頭は確かに美味しいのです。
でも…他の人と違ったおみやげにしたい!
そう思う方って意外と多いと思います。

「会社に広島出身の人がいて、帰省のおみやげはいつももみじ饅頭。もみじ饅頭はその人の特権だし…ついこの前ももらったばかり。広島のおみやげって他に何?」
一緒に広島旅行をした友人がそう悩んでいました。

広島にはもみじ饅頭以外にもおみやげはあります!
会社や家族、友人など様々なシーンで活躍しそうなおみやげを特集します!


勢いのあるカープグッズ

広島お土産1

http://www.shop.carp.co.jp/shop/i242200.html

今や「カープ女子」という言葉が存在するくらい人気球団となった、広島の野球チーム、カープ。

人気に伴ってグッズも豊富になりました!

ユニフォームや食品だけでなく、キャリーバッグ、アクセサリー、おもちゃ、何とペット用品まで!
幅広く取り揃えてあるので、各年代に応じておみやげを調達することができます。

マスコットである「カープ坊や」がモチーフとなったものだけでなく、上の画像の帽子のように、もみじ饅頭がプリントされた帽子なんていうシュールなグッズもあります!

ただし気を付けなければならないのは、あくまで「野球チーム」のグッズということ。

日本には他にも球団があります。
「別の球団のファンなんだけど…」という人もいます。
そういう人はせっかくカープグッズをもらっても、使わずに人にあげてしまうこともあります。

野球好きの人がいる場合は、事前にどの球団のファンなのかを確認しておきましょう。


不思議な食感「淡雪花」

広島お土産2

http://www.fujiiya.co.jp/shop/products/list.php?category_id=22

もみじ饅頭の老舗である「藤い屋」さんより販売されている「淡雪花」(あわせっか)。

可愛らしくも上品なパッケージで、商品の周囲はまるで雪が積もったかのような白くシャリシャリしたものが散りばめられています。
モチモチした中に、プルプルしたレモン味のゼリーのようなものがサンドされています。

まさに初めて出会う食感です。
私は家族と会社の人に渡しましたが、「ん?!」という顔を全員していました(笑)

この食感は実際に食べてみないと経験できません。

すっきりとしたレモン味がアクセントとなり、モチモチしているのにあっさりした印象を受けます。
初夏や暑い季節に食べると特に美味しくいただけますよ。


子供から大人まで楽しめる「お好み焼き」


広島お土産4

お好み焼きって食べるだけでなく、みんなでワイワイ作ることもできて、家族や友情の絆を深める時にももってこいの食事ですよね。

広島では麺を使って卵が乗った「お好み焼き」が主流。
大阪の「お好み焼き」とは違った雰囲気で楽しめます!

大阪の「お好み焼き」は家庭でも作りやすいのですが、広島の「お好み焼き」は麺もあるので実は作りづらかったりして、お店に行かないと食べないことも多いと思います。

広島には広島の「お好み焼き」の材料や、「お好み焼き」に関連した商品がたくさん売られています。
家庭ではなかなか味わえない広島の「お好み焼き」を手軽に楽しめる商品を買って、皆で作って楽しんでみてはいかがでしょうか。

広島の職人さんがお好み焼きを作っている様子の動画を見て、勉強しておくのも良いかもしれませんね。



ここで気を付けたいのが呼び方です!

メンバーの中に大阪の人と広島の人が一緒にいる場合は「広島のお好み焼き」と表現しましょう。
ただの「お好み焼き」ですと大阪の方から「大阪のがホンマのお好み焼きやねん!」と言われ、「広島風お好み焼き」と言うと広島の方から「広島風?こっちが本物じゃけ!」なんていう「お好み焼き論争」が起こりかねません。
無難に「広島のお好み焼き」や「大阪のお好み焼き」と表現しましょう。


広島のお土産特集はいかがだったでしょうか。
広島には他にも各観光地特有のクッキーやチョコレートもありますし、キーホルダー等も豊富。
渡す人のことを考えながら、色々見比べてみてくださいね。